熱に強いのはイソマルトオリゴ糖と大豆オリゴ糖という種類になります。
イソマルトオリゴ糖は、味噌や醤油といった大豆の加工食品だけでなく清酒やはちみつなどといったコクのある甘さがある食材に多く含まれています。
消化されやすい性質があるので腸まで消化されずに届かないので、ビフィズス菌のエサとしての役割を果たすことが、あまりできません。
とはいえ、虫歯になりにくいことが期待できるという特徴があり、加熱したり酸性の環境に強いため料理などの調味料として使用することが可能です。
また防腐作用もあるため、保存食の調味料に向いています。
大豆オリゴ糖は、大豆が含んでいる多種少糖類を総称して呼んでいます。
大豆たんぱく質を取り出したあとに残った物質から分離して、さらに精製することによって作られるものです。
人間の胃や十二指腸などといった消化器官では分解されにくい性質があるので、他の種類のオリゴ糖よりも少ない量でもビフィズス菌を増殖する働きを促すことが可能であるとされています。
味は砂糖のおよそ七割ぐらいの甘さですが、カロリーは砂糖の半分ぐらいになります。
加熱したり酸性の環境に強いためダイエットのために使われる甘味料として非常によく使われています。

origo-01

砂糖とオリゴ糖ではどちらがカロリーカットできる?

ダイエット中でなくても、気になるのがカロリーになりますがオリゴ糖は砂糖の半分のカロリーです。
そのために、カロリーが気になる場合には砂糖の代用としても使用ができます。
甘さは、オリゴ糖でも、十分あるので不安なく使うことはできます。
良く知られているのが、オリゴ糖が善玉菌を増やすことに役立つことです。
腸内に入ることで、善玉菌を増やすためのエサとして使われます。
その結果悪玉菌を減らすことに影響し、お腹を健康にしてくれます。
カロリーカットもでき、お腹も元気になり便秘の改善も期待できます。
このように、砂糖と比べるととてもいいことばかりのように見えます。
しかし、オリゴ糖には過剰摂取するとお腹をゆるくするという副作用があります。
確かに、個人差はありますが1日の目安は大きなスプーン1杯くらいになります。
量にすると、約5gくらいが適量とされています。
初めてのときは、1gくらいから使用して自分の体に合う分量を探していくとお腹がゆるくなるという失敗をしません。
オリゴ糖は、天然の素材で作られているので赤ちゃんでも量を減らすと使うことができます。
安全で安心して、砂糖と同じ感覚で使うことができるのでとても便利な食材になっています。

origo-02

オリゴ糖を食べると下痢になることもある原因とは?

オリゴ糖はお腹に非常に良い糖類として非常に高い人気を集めるようになっていますが、これを食べると下痢になってしまうという人も、残念ながらいます。
ではどうしてオリゴ糖を食べると下痢になってしまうのかというと、理由として最も大きいのは消化不良です。
オリゴ糖には大きく分けて消化性と難消化性の二つのタイプがあるのですが、このうち難消化性のものについては胃や小腸で消化されづらく、状態を保ったまま大腸に届く特徴があるのです。
だからこそ効率よく大腸の中にいる善玉菌の栄養素になるわけですが、オリゴ糖が消化されていない状態で大腸に届くと大腸は未消化のまま届いた糖分に対応するため、大腸内の水分を増やします。
この水分が増えたことによって便に含まれる水も増えてしまい、これで下痢が引き起こされるのです。
現在までの研究データだと体重1キロあたり0.3グラム~0.8グラムほどを食べると下痢になりやすいというようになっているため、自分の体重と照らし合わせて食べすぎていないかどうかチェックし、もし食べすぎだった場合には量を減らして様子をみてください。
ただ実際のところ、このデータに関係なく体質的にオリゴ糖が合わない人もいますから、もし量を減らしても下痢をしてしまう場合には、残念ながら体質的な問題となってしまっている可能性があります。

origo-03

クッキーに入れたい場合はどうしたらいい?

クッキーにオリゴ糖を入れたい場合は、甜菜糖を使うといいです。
甜菜糖には、オリゴ糖が含まれています。
甜菜糖には、カルシウム、カリウム、ミネラル、リンなど様々なミネラルが含まれています。
ミネラルは、体内では作られないので、食品から補う必要があるのです。
甜菜糖は、甘さが上品で、クッキーやケーキなどのお菓子に使うとコクが出ます。
オリゴ糖は、甘いのにカロリーは砂糖より控えめなので、ダイエットに使っている人も少なくありません。
オリゴ糖は、善玉菌のエサになり、善玉菌のビフィズス菌を増やすので、腸内環境も良くなることが期待できます。
腸内には、善玉菌と悪玉菌がいますが、善玉菌であるビフィズス菌が増えると、悪玉菌を抑えることができるのです。
ただ、加齢やストレス、偏食、運動不足などが原因で、悪玉菌が多くなると、腸内環境が悪くなってしまうのです。
ですから、善玉菌が増えるように、食事や生活に気を付けることが大事なのです。
便秘で悩んでいる人は、善玉菌が増えることで、便秘の解消にも役立ちます。
クッキーを美味しく食べて、しかもオリゴ糖の効果で善玉菌が増えるので、最近は自分で手作りクッキーを作っている女性が増えています。
もちろん、食べ過ぎてはいけません。

origo-04

オリゴ糖の食べ方でいいものは?

オリゴ糖の食べ方でいいものは、毎朝ヨーグルトに混ぜて食べると効果的です。
ヨーグルトは体にいい乳酸菌を含み、また乳清成分に栄養が高くそして胃の粘膜保護になりますので、少しずつでも毎日習慣づければ健康にいいです。
プレーンヨーグルトはそのままでは食べにくいのでジャムをいれたりして甘味をつけますが、そのジャムのかわりにオリゴ糖をいれたほうが糖尿病の方には糖分を取り過ぎることにならないとのことです。
その具体的な食べ方ですが、スプーン一杯程度のオリゴ糖をヨーグルトに混ぜるだけなので簡単です。
そして効用は、腸内フローラを整えるために体内にあるビフィズス菌の餌となるので、ビフィズス菌が増加します。
ビフィズス菌が増えることで腸内環境がよくなり、便通がよくなったりして体にいらないものをためないようになります。
それ以外の食べ方としては、普段の料理の調味料として使うことも可能です。
というのもオリゴ糖そのものは菌ではないので熱に弱いというものでないので、煮物などに入れて加熱しても問題ないです。
但し甘味が少し強い糖分だということもあるので甘すぎるものが嫌いな方には味の調整がしにくい面もあるので、ヨーグルトに入れて食べるような手軽さはないです。

origo-05

参考サイトとして1つ紹介

オリゴ糖が体に合わなくて、いまいち便秘の改善が進まない。
そんなことを思っているなら、より情報を収集するためにお通じのサイトを見るということを試してみてはどうでしょうか?
お通じのウェブサイトは色々種類がありますが、このサイトが詳しくまとめてくれています。

お通じに効くツボ

お通じに効くツボは各所に存在していて、マッサージやお灸で刺激すると効果的です。
特におすすめなのは、おへその両隣に存在している天枢(てんすう)で、このツボは消化器系の不調を整えるのに最適です。天枢は整腸作用を改善させるために重要なツボです。
お通じに効くツボは他にも沢山あるので全てを覚えるのは大変です。